紀伊国事務所トップ

損害保険査定(鑑定)方法

損害保険の基本的な査定はどのように行われるかを簡単に説明いたします。これが基本的な査定の考えかたです。なお、以下に述べる方法は火災保険の一般的な時価保険の査定方法で、火災、落雷、破裂、爆発、風災等の事故に対応します。地震、水害の場合は査定方法が少々異なりますので、地震保険の査定方法、水害の鑑定方法をご参照ください。


1.保険価格を算定する
保険価格とは、保険に掛けている建物や家財、機械などのモノの現在の値段のことです。その損害が生じた地におけるその時の物の価格(時価)を算出します。たとえば建物なら、現在の建築費を求め、その時から経過年数により減額をします。くわしくは、、、

2.損害額を算定する
損害があったところを確認し、修理が可能かどうかを検討します。修理が可能であれば修理見積書をベースに損害額を算定します。修理が不可能であれば全損とし、その時価額が損害額となります。なお、風災、ヒョウ災、雪害の場合、20万円以上の損害が出ていないと保険金は支払われない場合がありますのでご注意ください。全損の場合は別として分損の場合は、どこからどこまでを損害にするかは見解が分かれることがあります。保険約款上においてもどういう状態を損害とするかなどは明確にされていないからです。くわしくは、、、

3.損害保険金を算定する
上記で求めた額を以下の式に当てはめ損害保険金を算定します。なお、保険金額とはその保険で契約された金額です。
損害額×(保険金額/保険価格)=損害保険金
くわしくは、、、

4、支払い保険金を算定する。
上記損害保険金の他に、保険の種類と事故によっては臨時費用や残存物取り片付け費用等の付帯費用が付加されたり、逆に免責金額が控除されたりすることもあります。
くわしくは、、、

以上が損害保険の一般的な鑑定方法ですが、保険契約ごとにてん補される内容が異なることになりますのでご注意ください。事故が起きた際は保険証券をご確認ください。
トップに戻るお問い合わせ