紀伊国事務所トップ

全損、半損、一部損認定基準表(木造用)


この表により、全損、半損、一部損に該当するか?または地震保険金が支払われないかが決定します。

被害の程度(物理的損傷割合)
損害割合(%)
平屋建
二階建





@3%以下
A3%をこえ〜5%以下
10
12
B5% 〃〜10%〃
15
18
C10%〃〜15%〃
20
24
D15%〃〜20%〃
24
28
E20%〃〜25%〃
27
33
F25%〃〜30%〃
30
36
G30%〃〜40%〃
35
41
H40%をこえる場合 建物全体として全損と認定する。

@5%以下
A5%をこえ〜10%以下
B10% 〃〜20%〃
C20% 〃〜30%〃
D30% 〃〜50%〃
E50%をこえる場合 建物全体として全損と認定する。

@5%以下
A5%をこえ〜10%以下
B10% 〃〜20%〃
C20% 〃〜30%〃
D30% 〃〜50%〃
10
E50をこえる場合
13
10

@10%以下
A10%をこえ〜20%以下
B20% 〃〜30%〃
C30% 〃〜50%〃
D50% 〃〜70%〃
12
E70%をこえる場合
10
15

*この表に照らし、損害割合の合計が20%以上で半損、50%以上で全損の認定がされます。
*わずかでも基礎、屋根、外壁のうち2つ以上(2箇所以上という意味ではない)に損害が確認されれば3%以上となり、一部損の認定がされます。たとえば基礎に1箇所、外壁に1箇所損害が確認できれば最低でも3%以上になるため、それだけで一部損となることがわかります。
*軸組は柱が1本でも損傷していれば、損害割合が6%(2階建は7%)以上となるため、一部損になることがわかります。

                      戻るトップへ戻るお問い合わせ